ノルウェークローネ債の今後 ノルウェークローネ(NOK)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資術

ノルウェークローネ債の今後

ノルウェークローネ債というと、ノルウェー10年国債が一般的です。南アフリカランド債のように、これだけで商品となる事は少なく、ノルウェークローネ債は、ファンドの中に組みこまれている場合がや多いです。

FXでも、ノルウェークローネの取扱をしていますが、あまりポピュラーな通貨ではありません。

ただ、政策金利が5.25%というのは魅力的な数字であり、利回りも順調に行けば、かなり投資意欲が出るノルウェークローネ債ということになります。

地域的にユーロの影響を浮けるノルウェークローネ債ですが、2007年のサブプライムローン問題ではご多分に漏れず、大打撃を受けました。

結局は、ノルウェー中央銀行による利上げにより、高金利を保っているノルウェークローネ債ですが、今の所、このような水準での推移となります。

高金利の先進国債券などではお馴染みのノルウェークローネ債ですが、その比率はあまり大きくないのが現状です。

これからの市場と考えられるノルウェークローネ。この後の債券の動向と共に気になるところです。