ノルウェークローネの債権について ノルウェークローネ(NOK)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資術

ノルウェークローネの債権について

ノルウェーは1日300万バレルの石油を産出する石油輸出国です。

この石油収入に基づき年金基金を設けていますが、総額約40兆円にのぼります。

石油基金の投資先には、リスクを避け多企業に投資することで、株式市場の動向をフォローを考えられています。債権、株式の投資先の国の半分強は欧州、残りがアメリカ、アジア、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカランドなどです。

このような政策においてノルウェークローネは世界的にも安定通貨とされています。

債権として、ノルウェークローネ債権が組入れられているファンドなども存在しますが、ノルウェーはSWFのように世界に投資することで、自国の資産を増やしています。

ノルウェーのSWFによる高金利の債権は、とても魅力的な商品となっています。マイナー通貨の債権だとしても、後ろ盾にノルウェーが見えると安心感もあります。

ノルウェークローネの順調な推移ですし、資源国であることが強みとなります。

このような安定国の債権や通貨ノルウェークローネは安心して投資ができそうですが、当然リスクはないわけではありません。