ノルウェークローネの為替レートは? ノルウェークローネ(NOK)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資術

NOKのレートは?

ノルウェークローネの通貨記号はNOKです。

NOK/JPYのレートは、約13円での推移です。

それほど大きな変動はありませんが、資源国通貨のNOKですから、原油価格などに反応することが多いですし、これからのレートの動向は注意が必要です。

レートは、2通貨間の事柄だけではなく、NOKならユーロ、JPYはドルとの為替レートにより複雑に変動するという側面もあります。

大本のドル/ユーロのレートによっても、変動は大きくなります。

今までは静かなレートで変化していますが、資源国の突然噴くレート変動には監視が必要です。

現在の1ノルウェークローネは?

1ノルウェークローネの動向は、ここ数年余り大きな変化はありません。2008年に入り、1ノルウェークローネは日本円で約20円をつけていました。

2007年には、原油高から上昇気流に乗ったノルウェークローネでしたが、1ノルウェークローネは22円までは行かず、1ノルウェークローネ21円に留まっています。

こうした動きをここ数年続けていますが、1ノルウェークローネ20円前後の攻防といったところです。

今後の見通しですが、新興国通貨のように、1ノルウェークローネ30円という急騰することはまずないとは思いますが、資源国であるノルウェークローネは、世界の原油価格にどう関係してくるかが問題です。

また、下落場面でも、1ノルウェークローネ15円を切るような極端な相場はないと思われていましたが、サブプライム問題の飛び火はノルウェークローネまでやってきました。

このようにくるはずのない下落は突然やってきます、ご注意を。

ノルウェークローネ為替は?

ヨーロッパでもノルウェーの位置を把握していますか?北欧に位置するノルウェーは、世界でもお金持ちの国です。

国内の資源で、単に輸出だけをしているのではなく、潤沢な利益を基金という形をとり、毎年堅実に貯めています。

そんなノルウェークローネはユーロ圏が主に輸出先ですから、ユーロの為替にひっばられる傾向にあります。

また、原油価格との関連も高く、ユーロ為替と原油とかみ合い、複雑な為替チャートとなります。

日本との関係については、そのような複雑な経路によってノルウェークローネと結びつきますから、即効的な為替チャートの変化はありません。

しかし、ノルウェークローネ/円FXにおいては、為替レートが20円前後の攻防となっていましたが、サブプライム問題などで、今現在はがっつリ下落しています。

急騰急落による儲けを期待してのノルウェークローネ/円は不適ですが、ノルウェー国同様、実は堅実に利益を上げたいという方には、ノルウェークローネ/円FX、いいのではないでしょうか?

ノルウェークローネ/円の為替レートについて

ノルウェークローネ/円の為替レートは、落ち着いた動向となっていましたが、ここのところは急落となってしまいました。

直接の関係も希薄な上、市場自体も規模が小さく、今ではノルウェークローネ/円FXはできますが、とても盛んというわけではありません。

ノルウェーの位置関係から、ユーロの動きと似るノルウェークローネですから、円の為替レートもユーロの動向で左右される部分もあります。

国自体裕福なノルウェーで、税金は高いものの、国民の不満が噴出するということもなく、堅実な政情となっています。

やはり資源国ですが、ノルウェークローネが穏やかですけれど、サブプライムがノルウェークローネ/円の為替レートを狂わしました。

しかし、この資源高の恩恵もプラスされ、ノルウェークローネ/円が投機的なターゲットにでもなれば、ちょっと面白い為替レートの展開があるかも知れません。

為替レートは 1ノルウェークローネは約13円というところです。

普段のノルウェークローネ/円の為替レートは静かです。

ノルウェークローネの為替相場

ノルウェークローネの為替相場は、外部要因によって変動することが多くなっています。

ヨーロッパの一員でありながら、ユーロを使ってはいませんが、ユーロの影響は色濃く、為替相場においては、ユーロの動向が気になるところです。

ノルウェークローネは、資源国通貨とも言われていまるのは、原油・天然ガスが輸出額の半分を占めている事が所以となっています。

ですから、先の原油価格高騰や中東などで原油に対しての危機感がある場合、ノルウェークローネに回が入り、為替相場も変動するということです。

オーストラリアやカナダのように市場が成熟していないノルウェークローネ為替相場は、これからが勝負と言うところでしょう。

ノルウェー自体は、先進国として、リスクの少ない経済状態で、インフレ率も低くなっています。

ノルウェークローネの為替相場の動向は、堅調とみる意見が大方を占めているのが現状です。

ノルウェークローネのレート

ノルウェークローネのレートは現在、約20円。

2003年以来、ノルウェークローネのレートは上がっています。急騰や急落といった感じではないノルウェークローネのレートです。

原油の輸出が最大というノルウェーですが、ここのところの原油高などを考えると、これからの需要次第によっては、ノルウェークローネのレートが大きく変わることになるかもしれません。

この資源に関しては、投機的な対象になってしまうので、需給を無視してのチャートの変化があります。

これにひっばられるように、資源国のレートも変わりますから、この語のノルウェークローネのレートの変化は注視が必要です。

このレートの20円というのも他のFXの通貨と比較をしても安い部類に入ります。

それでFXもしやすいという相手がノルウェークローネともいえます。

ノルウェークローネの為替レート

2007年のノルウェークローネ/円の為替レートのレンジは、18円から21円の推移でした。

この年の6月、政策金利の引き上げがきっかけで、21.4円と上昇した為替レート。このまま順調に行くのかと思いきや、8月中旬の世界各国の株価調整局面では投機的なノルウェークローネ買いポジションのまき戻しを背景に一時最安値付近の18.5円まで下落ち為替レートでした。

それからは、原油への投機が始まり、原油価格が高騰に転じると世界的な資源国通貨買いの潮流に乗り、ノルウェークローネの快進撃が続き、為替レートは10月には年間最高値21.94円になりました。

その後、ノルウェーも米国のサブプライム問題の巻き添えをくらい、世界経済の減速懸念が浮上すると投機的なクローネ買いの巻戻しの動きが強まりノルウェークローネの為替レート下落しました。

ノルウェークローネの政策金利は年初より1.5%引き下げられ9月に5%に達しましたが、結局は、ポジション調整のノルウェークローネ売りに拍車がかか19.8円で2007年の幕を閉じました。

そして、2008年の今、資源国であるノルウェーは原油最高値更新の波に乗り、再び20円の大台に乗ってりましたが、世界情勢の荒波にもまれています。