ノルウェークローネの債券は? ノルウェークローネ(NOK)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資術

ノルウェークローネ国債とは?

ノルウェークローネ国債は、年4%の利回りで、ここ数年あまり変動はありません。4%と聞くと、国債としては、高い方ではありませんが、ノルウェークローネという、先進国の安定通貨と考えれば妥当な数字でしょう。

資源通貨としてノルウェークローネは、昨今の原油高を受けて、堅調な動きを見せていますし、政策金利も利上げの方向に続いています。

この後のノルウェークローネ国債の大きな変動をもたらすような原因は差し当たってありませんが、やはり原油の動向に多少はひっばられることはあると思います。

資源国通貨は、ここのところ動きが激しくなってきていて、ノルウェークローネにいたっては市場の規模が小さいということもあり、さほど注目も浴びませんが、だからこそこれからの動向は見守っていくべきです。

ノルウェークローネ国債は、各先進国ファンドには組入れ率も多く、ノルウェーも数々のファンドを有しています。

今後の見通しとしても堅調だけど、資源国通貨としてノルウェークローネ国債を認識することで変動に対応していくという心構えが必要です。

ノルウェークローネの債権について

ノルウェーは1日300万バレルの石油を産出する石油輸出国です。

この石油収入に基づき年金基金を設けていますが、総額約40兆円にのぼります。

石油基金の投資先には、リスクを避け多企業に投資することで、株式市場の動向をフォローを考えられています。債権、株式の投資先の国の半分強は欧州、残りがアメリカ、アジア、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカランドなどです。

このような政策においてノルウェークローネは世界的にも安定通貨とされています。

債権として、ノルウェークローネ債権が組入れられているファンドなども存在しますが、ノルウェーはSWFのように世界に投資することで、自国の資産を増やしています。

ノルウェーのSWFによる高金利の債権は、とても魅力的な商品となっています。マイナー通貨の債権だとしても、後ろ盾にノルウェーが見えると安心感もあります。

ノルウェークローネの順調な推移ですし、資源国であることが強みとなります。

このような安定国の債権や通貨ノルウェークローネは安心して投資ができそうですが、当然リスクはないわけではありません。

ノルウェークローネ債券は安心?

ノルウェークローネ債券の格付けは最高値のAAAです。

ノルウェーは、潤沢な石油収入を中央銀行が運用するいわゆるSWF(ソブリン・ウェルス・ファンド)を持ち、各国への振り分けをしています。

ノルウェー公社による債券はあちこちで人気があり、この債券ノルウェークローネとは限らず、世界各国の通貨での運用になっています。

先進国でありながら、高金利というノルウェークローネですが、債券の方も順調に推移しています。

FXにおいてもノルウェークローネ/円はありますが、市場はあまり多くないですが、これから注目される通貨であることは確かです。

各国の債券を選ぶ際には、ノルウェーの文字を見つけたら、経済も安定している今なら、安心な債券といえそうです。

他に、原油国である中東なども債券がありますが、信用という面では、ノルウェークローネの方がかなり信用が高いと思います。

ノルウェークローネ債の今後

ノルウェークローネ債というと、ノルウェー10年国債が一般的です。南アフリカランド債のように、これだけで商品となる事は少なく、ノルウェークローネ債は、ファンドの中に組みこまれている場合がや多いです。

FXでも、ノルウェークローネの取扱をしていますが、あまりポピュラーな通貨ではありません。

ただ、政策金利が5.25%というのは魅力的な数字であり、利回りも順調に行けば、かなり投資意欲が出るノルウェークローネ債ということになります。

地域的にユーロの影響を浮けるノルウェークローネ債ですが、2007年のサブプライムローン問題ではご多分に漏れず、大打撃を受けました。

結局は、ノルウェー中央銀行による利上げにより、高金利を保っているノルウェークローネ債ですが、今の所、このような水準での推移となります。

高金利の先進国債券などではお馴染みのノルウェークローネ債ですが、その比率はあまり大きくないのが現状です。

これからの市場と考えられるノルウェークローネ。この後の債券の動向と共に気になるところです。