ノルウェークローネの特徴は? ノルウェークローネ(NOK)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資術

NOKの外貨投資

NOK外貨投資ということになると、FXと外貨預金です。

どちらも一長一短のあるNOK外貨投資ですが、リスクと隣り合わせという面では両方短所となります。

これはNOKに限ったことではありません。外貨にはリスクが絶対にあります。

ただし、そのリスクをリターンに変えることができるのも外貨のよさで、NOKの場合、外貨預金ですと、4.75%という高い金利、FXは動きはあまりないもののスワップというリターンが存在します。

NOK外貨投資では、チャートの動向を見極め、確実にしとめていくことが、利益につながります。

ノルウェークローネの特徴

ノルウェークローネの特徴は資源国通貨ということです。

石油輸出で世界5位の産油国であるノルウェーですから、原油価格によって景気が左右され、ノルウェークローネの価値も変わります。

又、ユーロの景気に影響を受けることが特徴ノルウェークローネは、ここのところ景気のよいユーロと連動し、ノルウェーの景気も拡大しています。

ノルウェークローネの政策金利は5%台と高いことも特徴の一つですが、これは、日本においてFXのスワップ狙い投資や外貨預金などの恩恵を受けることができます。

資源によって得た利益で基金を作り、国債を発行しないでもやっていけるノルウェー経済は、ノルウェークローネの安定が物語っているように、安定通貨というのも特徴です。

今後の見通しとしても、ノルウェークローネの安定感は守られるものとしていますが、投資環境はノルウェークローネ特徴が最大限生かせるようなものになると、今までと変わらぬ投資が可能です。

ノルウェークローネ特集を探せ

ノルウェーは、北欧の地で余り日本では知られていない部分がたくさんあります。

又、ノルウェークローネについては、日本でFXなどの投資ができることとなり、サイトなどでも特集しているものもあります。

ノルウェークローネ投資をする際には、情報がないと危険ですし、特集記事はとても役立ちます。

しかし、マイナー通貨ゆえ、詳細な情報が欲しくなると、ノルウェークローネ特集を見つけてみてください。

英語ができると、特集記事も詳細なものまで手に入れることができます。

特集で組まれていないものは、自分でノルウェークローネについて調べるしかありません。

ノルウェークローネのチャートの動向の研究や経済状態など、いろいろと特集記事を探してみてください。

ノルウェークローネとユーロの関係

ノルウェークローネ/円相場での推移では、ノルウェー経済の結びつきが強く通貨の連動性が高いユーロよりもノルウェークローネの上昇率が高くなっています。

ユーロ圏の通貨の中でもノルウェークローネは、産油国通貨である強みを発揮しています

このようにノルウェークローネは、ユーロ経済圏の好調維持が下支え要因となっています。

資源国通貨の中でも、ノルウェークローネは結びつきのあるユーロ圏の景況感に大きく左右されます。

欧州の代表的な資源国通貨として、ノルウェークローネの存在感が一段と高まっています。

あえてユーロに参加していないノルウェークローネですが、相思相愛の関係があるということです。

ノルウェークローネとドルの関係

ノルウェークローネとドルは、直接的には大きな影響や相関関係はありません。

ノルウェークローネはユーロとの連動が大きい事により、ノルウェークローネ/ドルはユーロ/ドルと似た動向にあります。

FXにおいても同じことで、ノルウェークローネの市場も小さい事もあり、ドルとの関係はドル高での推移となっています。

資源国であるノルウェークローネは、原油価格とも微妙な関係があり、輸出の半分を占める原油や天然ガスなので、このあたりがドルとの関連性が少し見えてくるかも知れません。

安定通貨としてのノルウェークローネですから、ドルとのFXにしても投機的というよりは堅調なFXと考える通貨ペアとなっています。

ただ、政策金利が5%台ということで、スワップ狙いのFXでは、少し面白い展開となりそうですが、いわゆる新興国通貨のようなジェットコースター的なスリル感は期待できないでしょう。