ノルウェークローネの外貨預金は可能? ノルウェークローネ(NOK)でFX・スワップ金利で稼ぐ為替投資術

ノルウェークローネの外貨預金について

外貨預金の中で知名度が高く、取扱が多いものといったら、米ドルとユーロでしょう。

普通預金ですと、円預金よりよいという程度ですが、通貨を知っているという安心感で預金の増えていますし、実際に取扱っている銀行が多いということにもなります。

金利が高いことがメリットとなる外貨預金で、ノルウェークローネ預金も密かに人気があるようです。

知名度はそれほどないし、金利にしても、新興国よりは高くはないけれど、米ドルやユーロより高い金利と安定通貨といことでノルウェークローネ預金が増えているのが現状です。

普通預金よりも定期預金のほうが金利が高いのは外貨預金でも同じことで、ノルウェークローネ預金の場合、税引き後、3%の金利が一般的です。

又、為替動向によっては、ノルウェークローネ預金の3%というのも上下しますが、手数料だけはどうしてもかかってしまいます。

まとまった資金をノルウェークローネ預金で運用と考える場合、チャートの観測と手数料の差し引きを考えてみてからがいいかもしれません。

ノルウェークローネの外貨預金

ノルウェークローネの外貨預金の金利は、税引き後は3%程度です。

ノルウェークローネの金利は、NZドルや豪ドルの外貨預金の金利と比較をすると低いですが、米ドルやユーロよりは高くなっています。

外貨預金の場合、金利は円預金と比べても断然高いわけですが、為替手数料などを考えると、金利がかなり高くないと元本われという場合もなりかねません。

しかし、ノルウェークローネの為替動向によっては満期時には、金利以上のプラスアルファも期待できるところが外貨預金の魅力でもあります。

ノルウェークローネの外貨預金については、大手はもちろんですが、現在取扱っている銀行などが増えています。

8〜10%の高金利マイナー通貨の外貨預金が多い中、あえてそれほど高金利でもないノルウェークローネ外貨預金が扱われるのは、カントリーリスクが少なく、安定しているという面からでしょう。

ノルウェークローネの外貨預金はどう?

外貨預金は、その金利の高さが魅力的です。

日本円の金利はせいぜい高くて、定期の場合2%あればご立派ですが、外貨預金は5%前後のものが多いです。

ノルウェークローネの預金も税引き後で3%台ということですから、円で定期をお考えの方はちょっと外貨預金に目を向けてみてはいかがですか?

しかし、手数料などがかかるのが外貨預金です。ノルウェークローネの金利が高いけれど、リスクをいくつか考えてみると、両替の際にレート手数料が預けるとき引き出すときにかかるのはちょっと痛いです。

又、最大の賭けとなるのが為替レートです。満期のときに、預け入れの時よりもノルウェークローネのレートがどう動いているかによって、プラスになるかマイナスになるか分からないというのが外貨預金の怖さでもあります。

この保証がないのが預金ですから、余裕資金か金利が高いか単に外貨預金をしたいという方にとっては、ノルウェークローネ預金もいいかもしれません。

ノルウェークローネ預金の高金利だけで惑わされたら、大変なことになりますから、ご注意を。